眠っても疲れが取れない理由

冬場にあることをしてしまうと、どれだけ長い時間眠っても疲れがとれません。

冬場にあることをしながら眠っても疲れがとれません。



あることとは・・・


コタツや電気毛布、ヒーターをつけたまま寝ることです。



本来人間の眠りの性質は、眠りと供に体温が低くなっていくのですが、この体温が低くなっている
ときに眠りが深くなり疲れがとれるのです。

そうであるにも関わらず、眠りづらいから、や眠る直前に暖房器具を消すのがめんどうだということでつけたまま寝てしまうと、うまく体温が下がらないので深い眠りをえることが出来ません。


当然、ヒーターなどをつけたまま寝てしまえば、肌も乾燥するので代謝が不活発になり肌荒れの原因にもなります。


うっかりコタツで眠ってしまった朝はだるくなかったですか?

深い眠りを得て、キレイな肌、と力を手に入れるために注意しましょう。

ちなみに私は、寝る直前に消しています。。





 
ホットヨガ大全集



自己紹介