カラーテスターで歯垢対策

歯垢染色剤・染色液歯垢除去&歯石除去


私が中学生の頃から歯の矯正をしていたので、(現在も針金は入れています)歯垢(プラーク)が
たまりやすくいろいろ対策をしてきたのでそれをまとめます。


まず、歯垢(歯石の前段階)が歯の間に詰まっているのが目に見えるときは1週間または2週間位に一回、鏡を見ながら爪楊枝で取っていました。

何度かしていると、なれるもので面白いようにとれます。(ただ力の入れ具合で血がでることもあるので気をつける必要がありますし、爪楊枝を使う前に歯を磨いておいたり、その後は軽く歯磨きをしたりして清潔に保つ必要はあります。)


といっても、あまりお勧めできない爪楊枝。歯医者さんに言ってみると必ず止めるように言われます。ただ矯正をしていると歯ブラシでは対応できない場合があるので今でも私はたまにします。

だからこれはどうしても矯正用具の隙間にたまる歯垢除去だけにしたほうがいいです。


それ以外は、歯ブラシで十分対応できます。

歯ブラシの使い方は、軽く一本ずつが原則です。
鏡を見ながら、実際に歯垢がほとんど力をいれなくても歯がちゃんと歯の隙間に入れば
簡単に歯垢がとれることがわかります。

ただ、そのときにカラーテスターで歯垢を浮かび上がらせるとより自分の歯磨き
がちゃんとできているかがわかります。

しっかり磨けたときは歯を舌で触るとつるつるするので気持ちいいですよ!
カラーテスターはドラックストアで300円ほどで購入できます。



最後に、自己流ではどうしてもどこかに見落としがあるので6ヶ月〜1年に1度、定期的
歯医者さんに行ってに歯石をとってもらうようにしましょう。

私は現在一年に一回いっています。


効率的に歯垢を除去したい人はこれもいいかもしれません



ブランカα

 

 
ホットヨガ大全集

ホットヨガとは

自己紹介